奈良

2013年8月19日 (月)

なら燈花会

8月8日

奈良で誤報の地震速報が流れた時

ちょうど奈良へ行ってたんです。

携帯に気象庁から“強い揺れに備えて下さい“と

メールが入っていたようですが

全く気がつかずに奈良ブラしておりました。

F男さんと別行動してたときでしたから

もしメールに気がついていたら

きっと怖くてドキドキしたかもしれません。

それより、予報通りの震度5強の地震だったら・・・

おおこわっshockshockshock

何事もなくて、やれやれです。

            ・

            ・

            ・

期間中、2万本のろうそくの灯りが

古都奈良を照らすと言う“なら燈花会”へ行ってきました。

灯りがともる前の興福寺

                                                
Dsc02162222

鹿さん

                                             
Dsc0216333

猿沢の池

                                            
Dsc0217111

                                            
Dsc0216999

                                            
ボランティアの方が

ロウソクを一つ一つ置いて準備をしてらっしゃいました。

                                             
Dsc0216777

夕食

飲むまいと思っていたビール

あまりの暑さに飲んでしまいました。

                                                     
Dsc0217444

                                            
奈良公園を中心に七つの会場を

ろうそくの灯りで彩るイベントです。

Dsc0219555_2

                                              
Dsc0218444

                                             
ろうそくの灯りも

ボランティアの方が一つずつ点けていかれます。

                                             
Dsc0218777_2

                                             
Dsc0217888

                                              
春日大社

                                              
Dsc0219333

Dsc0219222

                                                浮見堂

                                           
Dsc0220333

Dsc0219777

                                                遠くに、大仏殿の屋根が・・

Dsc0222555

Dsc0220999

Dsc0221888

Dsc0223000

                                              
幻想的な夏の風物詩ですが

とにかく暑いsweat01

しかも会場が広いので、かなり歩きます。

止めておけばいいのに

ビールなんぞを飲んだものですから

よけいに暑くってsweat01sweat01sweat01

Dsc0220000

暑くて痩せるほど汗をかきましたが

ろうそくの灯りは

神秘的で美しく

見る人の心に希望の灯りをともしてくれ

体も心もあつーくなるイベントでした。

| | コメント (4)

2013年3月13日 (水)

東大寺「お水取り」

3月11日に

古都 奈良に春を告げる伝統行事

東大寺 二月堂の修二会に行ってきました。

二月堂の修二会は“お水取り”として知られていて

西暦752年以来、一度も来途絶えることなく続けられ

今年で1262回目となるそうです。

                                                 
Img_0001

                                                      
午後6時半、二月堂に到着すると

すでに人・人・人・・で

なんとか見えそうな場所を確保できたものの満員電車状態。

午後7時、まわりの明かりが消え

暗闇の中から炎が近づいてきます。

                                             
Img_0010

                                              
まるで火の玉の行進、すごい迫力です。                                           
                                                                                                 
                                              
Img_0068

                                            
このお松明は長さが6mで重さ40kg

これを欄干から突き出し回転させながら

ダイナミックに火の粉を降らせていくのです。

火の粉を浴びると無病息災に過ごせるとか・・

風がなく穏やかな夜でしたので

火の粉のご利益はいただけませんでした。

                                            
Img_0082

                                             10本のお松明が次々と二月堂の舞台を走り抜けていきます。

                                            
Img_0086

                                                                                         
始まる前に「これは宗教行事ですから終わった後に

拍手などなさらないで下さい」と

アナウンスがありましたが

終わるとあちこちから拍手が・・。

拍手をしたくなる気持ちはよくわかります。

炎と火の粉の美しい乱舞

凄い迫力に本当に感動でした。

          ・

          ・

少し早く着いたので興福寺をぶらぶら・・。

猿沢の池

                                               
Dsc00635

                                             
采女神社・・猿沢の池の側にあるこの神社は

社が鳥居に背を向けて建つという珍しい神社です。

                                               
Dsc00636

                                           
昼寝中のネコさん

                                             
Dsc00637

                                               
興福寺の五重塔

                                             
Dsc00650

                                             
南円堂

                                              
Dsc00647

                                               

お水取りは明日14日まで

これが終わると春がやってきますよscissors

                                           

| | コメント (4)