« 停電 | トップページ | 大山の紅葉 »

2014年11月 6日 (木)

三徳山三佛寺

西日本随一美しさと言われている

大山の紅葉を見ようと出かけてきました。

今回の旅はくぅくぅも一緒です。

Img_1673

中国自動車道の山崎ICで降りて

まずは三徳山三佛寺へ向かいます。

途中、道の駅 若桜(わかさ)に寄ると

裏手にブルートレインの車両があり

土日にはこの車両がレストランになるとのことです。

Img_1304

若桜鉄道の線路がありSLも時に走るとのこと・・。

Img_1309

そこから2時間ほど走って三徳山三佛寺に到着です。

Img_1336

ここは標高900mの三徳山に境内をもつ山岳寺院で

神と仏の宿る霊山として知られています。

Img_1670

Img_1319

Img_1323

本堂では、秘仏の十一面観音立像が特別公開中でした。

Img_1326

本堂の奥には登山道があり

三佛寺の奥院である投入堂へ向かう道が続いています。

この投入堂は706年、役行者が法力で

岩窟に投げ入れたと言われています。

1626

(三佛寺の紹介HPより写真をお借りしました)

国宝なんですよ。

とてもとても行きたいのですが

なかなか険しい道や岩を登らねばなりません。

わたしにはとうてい無理!!

ご朱印をいただき

参道にある天狗堂でコーヒーを飲み

とち餅をいただいて駐車場へ・・

14374_2

駐車場の側には、山に登れない人のための遥拝所があり

望遠鏡も備えてあって拝むことができます。

Img_1344

遥拝所から拝んだ投入堂。

50倍カメラの威力発揮です(笑)

Img_1341

今夜のお宿へ向かいます。

お宿は道の駅

久し振りの車中泊です。

               つづく

|

« 停電 | トップページ | 大山の紅葉 »

旅行・お出かけ・・」カテゴリの記事

コメント

くぅくぅの母さん、おはようございます。
投入堂って言うのですね、岩山にあるお堂。写真では見たことがあり、一度はと思っているのですが、なかなか機会がなくて。昔の人は、本当にすごいです。どうやってあんなところにお堂を作ったのか、柱が1本腐ったら、いやいや地震でスレたらどうなるのだろうかと、余計な心配をしてしまいます。何百年も建っているのですから、余計な心配ですよね。
大山ですか、ボチボチ紅葉が始まっているのか、それとも見頃なのか、奥津峡にももう一度行ってみたいですね。

投稿: ブッチ | 2014年11月 8日 (土) 08時43分

ブッチさん
こんばんは!
11月6日のNHKの番組”あさいち”で
日本一危険な国宝と投入堂が紹介されていました。
わたしは下から見上げただけですが
誰がどのようにして建てたのか?
不思議ですし本当に驚きます。
結論!
やっぱり、役行者が投げ入れたのだと思います。
大山はちょうど紅葉が見ごろで綺麗でしたよ。
岡山は今週が見ごろではないでしょうか。

投稿: くぅくぅの母 | 2014年11月 9日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 停電 | トップページ | 大山の紅葉 »