« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

高野山の紅葉

秋は、本当に忙しいことです。

紅葉がmaple呼んでますし・・

冬支度もしなければいけませんし・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月の7日・・高野山へ行ってきました。

もちろん夏も行きましたけれど・・。

写真だけですが高野山の紅葉を・・・。

ちょうど、徳川家霊台の霊屋が公開されていました。

徳川家康と秀忠を祀るために建立されたものです。

Img_1527

内部は、日光の東照宮を思わせる絢爛豪華な装飾がなされた

厨子が置かれていました。

Img_1523

Img_153333

昼食は“花菱”にて

Img_1537

三鈷膳を・・・

Img_1536

奥の院

一の橋から御廟までの約2キロに

供養塔、慰霊碑、記念碑がずらりと並んでいます。

Img_1538

豊臣家墓所

Img_1546

織田信長・明智光秀・石田三成・伊達政宗

武田信玄、勝頼・上杉謙信など

戦国武将のお墓もたくさんあります。

Img_1551

Img_1557

Img_1548

少し、見ごろは過ぎていましたが

どこも向いても鮮やかな色が出迎えてくれます。

Img_156662

金剛峯寺

Img_1588

Img_1582

Img_157775

Img_1570

高野山は、四季折々の美しさを感じることのできる場所。

来年は桜の季節に行ってみようと思います。

| | コメント (4)

2014年11月 9日 (日)

大山の紅葉

宿泊地の第一候補である“道の駅 燕趙園”に到着。

Img_1346

Img_1350

Img_1352

東郷湖の南にある中国庭園の側にあって

なかなか趣のある道の駅ですが時刻はまだ16時。

寝支度には早すぎますので

温泉施設“ハワイゆ~たうん”で疲れを癒して

次の候補地“道の駅 ポート赤崎”へ向かいます。

途中、ずーっと田舎道。

お腹がすいたのですが食事をする適当なお店がなく

結局、20年振りにほっかほっか亭の弁当になりました。

道の駅 ポート赤崎

Img_1370

すぐ側にこんなお店がありました。

夕食、ここで食べたかったなぁ~。

Img_1369

敷地内に日韓友好交流公園「風の丘」があります。

Img_1391

Img_1382

ここに石の風車が・・

高梁市有漢町ある公園の石の風車と

同じ作者ではないでしょうか?

Img_1380

ここは恋人の聖地らしくて

貝がらの絵馬なんですってheart04

Img_1387

丘の上からの景色、日本海です。

Img_1372

これから大山へ・・

お天気がいまいちです。

Img_1398

大山寺

Img_1692

Img_1705

Img_1698

Img_1452

Img_1461

阿弥陀堂

Img_1463

鍵掛峠・鬼女台など紅葉真っ盛りで

とてもきれいなんですが

残念ながらお天気が悪くて・・・。

写真ではきれいな色がでていませんが

それは見事でしたmaplemaple
Img_1481

Img_1488

蒜山で昼食をとり金持神社へ

Img_1499

名前を聞いただけでテンションの上がる神社ですが

かなりの階段・・happy01

しんどい思いをしてこそご利益をいただけると言うものです。

Img_1500

Img_1502

鳥取市付近で“もうけ神社”(茂宇気神社)なる

看板を見ましたが

時間がなかったので今回はパス。

両方おまいりした方が良かったのでしょうかねぇ。

新見市に入ると「千屋牛」の看板が目にはいります。

Dsc05805

和牛のルーツと言われてる知る人ぞ知る和牛で

この新見市千屋地区で育てられてるブランド牛です。

F男さんは“千屋牛”のことを

小学校の社会の時間にしっかり習ったそうです。

そして高梁の別宅へ・・。

| | コメント (2)

2014年11月 6日 (木)

三徳山三佛寺

西日本随一美しさと言われている

大山の紅葉を見ようと出かけてきました。

今回の旅はくぅくぅも一緒です。

Img_1673

中国自動車道の山崎ICで降りて

まずは三徳山三佛寺へ向かいます。

途中、道の駅 若桜(わかさ)に寄ると

裏手にブルートレインの車両があり

土日にはこの車両がレストランになるとのことです。

Img_1304

若桜鉄道の線路がありSLも時に走るとのこと・・。

Img_1309

そこから2時間ほど走って三徳山三佛寺に到着です。

Img_1336

ここは標高900mの三徳山に境内をもつ山岳寺院で

神と仏の宿る霊山として知られています。

Img_1670

Img_1319

Img_1323

本堂では、秘仏の十一面観音立像が特別公開中でした。

Img_1326

本堂の奥には登山道があり

三佛寺の奥院である投入堂へ向かう道が続いています。

この投入堂は706年、役行者が法力で

岩窟に投げ入れたと言われています。

1626

(三佛寺の紹介HPより写真をお借りしました)

国宝なんですよ。

とてもとても行きたいのですが

なかなか険しい道や岩を登らねばなりません。

わたしにはとうてい無理!!

ご朱印をいただき

参道にある天狗堂でコーヒーを飲み

とち餅をいただいて駐車場へ・・

14374_2

駐車場の側には、山に登れない人のための遥拝所があり

望遠鏡も備えてあって拝むことができます。

Img_1344

遥拝所から拝んだ投入堂。

50倍カメラの威力発揮です(笑)

Img_1341

今夜のお宿へ向かいます。

お宿は道の駅

久し振りの車中泊です。

               つづく

| | コメント (2)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »