« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

海老蔵さんを観てきました。

京都の南座で公演中の九月花形歌舞伎。

海老蔵さん出演の『壽三升景清』(ことほいでみますかげきよ

行ってきました。

昨年の5月に、ここ南座で観た海老蔵さんの『伊達の十役』

老若男女・善人・悪人の十役を早替わりありーの

宙乗りありーの圧巻の舞台で

すっかり海老蔵さんファンに!

Dsc0719888

思いっきり楽しめ

南座を出る時には“海老さま”と呼びたくなるほどにscissors

そんなわけで、海老蔵さんが演じる

「歌舞伎十八番」ならではの魅力満載・・との

宣伝文句につられての観劇です。

Img_030007

ストーリーは・・・

“う~ん”説明が難しいので省略!

でも面白くて楽しめました。

南座を出て、ちょっと奮発して

清水の舞台から“えい!”と飛び降りて

京都の老舗“いづう”の鯖寿司を食べに行ってきました。

Img_031666

Img_031555

酢飯と脂ののった鯖のハーモニーが絶妙で

やっぱり、ここの鯖寿司は美味しいです。

さて、ここで友人と二人悩み相談。

この美味しい鯖寿司を留守番のお方に

お土産に買って帰ろうかどうしようか・・?と。

悩んで、悩んで、悩んで・・happy01

清水の舞台よりもさらに高い所から

“おりゃ~!”・・と

飛び降りて買って帰りました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記

いづうの鯖寿司は昆布が巻かれた状態ででてきて

お店の方に“昆布をはずして召し上がってください”・・と

言われました。

言われる通りに

昆布をはがして鯖寿司をいただきましたが

昆布好きの二人(友人とわたし)

美味しそうな昆布の誘惑に負けて

元来の口のいやしさもあって

昆布を2枚ほど食べてしまいましたcoldsweats01

帰ってからさらにF男さんの昆布を1枚とって

ビールのあてに・・。

さ~て、その夜のこと・・。

どうやら昆布の消化不良

胃痛とムカムカに悩まされました。

友人も同様の症状だったとか・・・。

確かにかたい昆布で

いつまでも口の中に居座っていました。

でもいいお味で・・。

口のいやしいおばさんには本当に困ったものです(反省)

良い主婦のみなさんは真似をしないでくださいね。

| | コメント (2)

2014年9月27日 (土)

神戸神戸市立森林植物園

少し涼しくなってきたので

健康と趣味を兼ねての植物園通いを再開です。

ちびっ子たちも

Img_114440

シルバーさんも

秋の気配を感じつつお勉強中search

Image1

金木犀の側を

note鳶色の瞳に誘惑のかげり、金木犀の咲く道を・・note

堀内孝雄さんの歌を口ずさみながら歩きます。

毎年、お決まりの行動パターンhappy01

Dsc0255000

秋ですねぇ~。

Img_115552

Img_116665_2

ミヤギノハギ

Img_117774

ナンキンハゼ

Img_118444

マルバノキ

Img_119996

行く度に

風や空や景色が秋を知らせてくれます。

9月末で40回。

今年も50回がんばろーっとgood

| | コメント (2)

2014年9月24日 (水)

小田和正さんのコンサートへ

少し前のことです。

神戸ワールド記念ホールでの

小田和正さんの全国LIVEツアー!!

『KAZUMASA ODA TOUR2014本日 小田日和』へ行ってきました。

Img_030000

会場に向かう女性・女性・女性!

世間で中年と言われる年齢の女性の姿が多いこと。

座席はアリーナE5列。

良い席やら悪い席やらわからないまま会場に着くと

メインステージからアリーナに花道が続いていて

その花道は目の前!

ワクワクですheart02

Bxj79i1cmaacunt

ニューアルバム“小田日和”を中心に

懐かしく好きな曲もたくさん歌ってくれました。

キラキラ・愛を止めないで・Yes-No・言葉にできない等々

本当に本当に透明感のある歌声で

66歳のおじさまが花道をあちこち走って、歩いて

サービス精神は旺盛。

そして音楽に対する真摯な姿勢。

目の前の花道で立ち止まって歌ってくれた時は

もう鳥肌ものでしたheart04heart04

アンコールを入れて28曲。

2時間半の楽しく感動のひとときでした。

| | コメント (2)

2014年9月18日 (木)

福島旅行・その3

郡山で泊まった“東横イン郡山”

リニューアルしたてとあってお部屋もきれい

そして、なによりお安くって・・・!

ビジネスホテル・・気楽でいいですね。

Img_1036

旅の最後の目的地は

いわき市にある『白水阿弥陀堂』です。

藤原一族の娘・徳姫が夫の菩提を弔うために建立した阿弥陀堂で

福島県で唯一の国宝の建造物なのです。

Img_1044

阿弥陀堂は三方を池で囲まれていて

平安時代末期に盛んだった浄土式庭園の形をしています。

Img_1051

Img_1059

Img_1052

どことなく平泉にある毛越寺の庭園に雰囲気が似ています。

これが国宝の阿弥陀堂。

Img_1057

参拝の方は他にも数人いらして

みんなで阿弥陀堂の中で僧侶の方の説明を聞くことになりました。

ここでちょっとした事件が・・(笑)

わたしの斜め後ろに座っていたF男さんのところへ虻がやってきて

なぜかブーンブーンとFさんの体のまわりをまわり始めたそうです。

そのうち肩に止まって、服の上からチクリ!

F男さん・・ここは神聖なる場所、殺生は禁物sad

がまんしたそうです。

すると調子の乗った虻は

今度は正座をしているF男さんの足の小指を靴下の上からチクリ!

ここでもF男さん

もしやこの虻は仏さまのお使いかも・・・とされるがままにcoldsweats02

阿弥陀堂から出る時

F男さんの肩と足は少し赤く腫れておりました。

可哀相に、大丈夫・・と案じつつ

大笑いしていたくぅくぅの母でした。

Img_1060

念願の阿弥陀堂を参拝し

阿弥陀さまからのありがたーい試練を受けて(F男さんだけ)

福島空港へ・・・。

こんなちっちゃい飛行機に乗って大阪へ帰りました。

Img_1063

| | コメント (3)

2014年9月16日 (火)

福島旅行・その2の続き

日本で4番目に広い湖・猪苗代湖を後にし

Img_097444_2

“ああ~会津磐梯山は宝の山よ~”の民謡でお馴染の磐梯山です。

残念ながら頭が見えませぬdespair

Img_0977

磐梯山の噴火によってできたたくさんの湖沼群。

その一部の五色沼に到着。

五色沼とは、日差しや湖の深さによって

エメラルドやコバルトブルーなど五色に変化すると言う

独特の色合いをもつ湖沼群で

毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼

青沼、柳沼などがあります。

遊歩道があり1時間ほどで歩けるらしいのですが

時間の関係でちょっこだけ・・歩きました。

まずは入口の毘沙門沼

Img_0994

車で反対側から散策

柳沼

Img_1001

遊歩道が続いています。

Img_1007

青沼

Img_1005

名前通り湖面は青くとても神秘的な美しい沼です。

駐車場で喜多方ラーメンの店を見つけて昼食を・・。

独特のちょっと太めのちぢれ麺

醤油ベースで美味しかったですよ。

磐梯高原へ向かい始めると

少しずつ、いやーな感じの黒い雲が現れてきました。

Img_1013_2

急げ・・急げ・・急げで・・磐梯吾妻スカイラインを走りcardash

浄土平レストハウスの駐車場へ到着。

Img_1016

お目当ての吾妻小富士に登ることに・・

吾妻小富士は小型の富士山を思わせる火山です。

駐車場脇からの階段を15分ほど上がると

火口の縁に立てるそうなので、いざ出発dash

Img_1017

吾妻小富士から見たレストハウスと一切経山。

Img_1019

登り始めて数分後に雨がポツポツ降り始め

しばらくすると、すごい雷に突風、そして強い雨rainrain

あちこちで悲鳴が聞こえ、引き返す人続出。

傘は役に立たず、びしょぬれ!

さぁ、登るべきか引き返すべきかそれが問題だ!

でもせっかく半分まで登ってきてるし・・と

ずぶぬれになりながらドンドコ・ドンドコ歩き続けました。

頂上付近でも、ゴロゴロピカピカthunderの雷と

強風&雨の歓迎セレモニーの中

迫力満点の火口を見ることが出来ました。

Img_1024

火口壁を歩く元気もなく下山。

頭から足の先までずぶ濡れ。

こんなに雨で濡れたのって

生まれて初めてかもしれません。

山の天気は怖いものです。

観光を終了して磐梯吾妻スカイラインを通ると

火山噴火によって形成された火山荒原が広がっています。

火山ガスが発生しているので駐車禁止なんですって!

Img_1032

今夜の宿泊地は郡山のビジネスホテルです。

ホテルに着いてのお仕事は

ドライヤーで靴を乾かすことでした。

夕食は、近くの居酒屋で・・・。

| | コメント (2)

2014年9月11日 (木)

福島旅行・その2

会津若松と言えば白虎隊。

白虎隊と言えば飯盛山・・ってことで

2日目のスタートは飯盛山から・・。

自販機にも白虎隊。

Img_092220

飯盛山にある白虎隊最後の地やさざえ堂に行く方法は・・

左・・ながーい階段

右・・有料の動く坂道

Img_092221

もちろん、動く坂道を選びました。

Img_0923

白虎隊十九士の墓

Img_0926

白虎隊自刃の地

この場所から鶴ヶ城を見た白虎隊は

火に包まれた城下を見て

もはや落城・・と勘違いし自刃。

20名のうち1名が生き残ったそうです。

Img_0932

この場から小さく小さく見える鶴ヶ城(矢印の下)

Image1

坂を少し下ると江戸時代中期建造のお堂“さざえ堂”があります。

Img_0942

内部はニ重螺旋構造の通路によって構成され

同じ所を通らずに上って下ることができます。

Img_093332

とても珍しい建築物ですが

フランスにあるシャンポール城にもニ重螺旋階段がありました。

レオナルド・ダ・ヴィンチによる設計と言われてるそうです。

こんなお城です。

Pict012221

さざえ堂の側にある宇賀神堂には白虎隊の霊像を安置してあります。

Img_0948

幕末と言う時代に翻弄された悲劇ですよね。

次に猪苗代湖へ・・・。

Img_0972

ここに野口英世記念館があります。

Img_0955

世界的な医学者であり人類のために大きな貢献をした野口英世博士。

館内には生い立ちや業績がわかる資料が展示されています。

記念館に隣接して生家が保存されていて

Img_0956

博士が1歳半の時に火傷をした囲炉裏もありました。

Img_0958

博士のこと、知ってるようで知らないことばかりで

本当にたくさんの功績を残しておられました。

                         つづく

| | コメント (2)

2014年9月 9日 (火)

スーパームーン

今夜は満月fullmoon

見あげれば、こんなきれいな月が・・・。

スーパームーンと言うらしい!

Img_112225_2

はて?

スーパームーンとは・・

月が地球に最接近した位置で見られる満月のことなんですって!

つまり、普段の満月よりお月さんが大きく見えるということらしい。

ほら・・ね(笑)

Img_112227

もちろん

この満月に向かって金運アップのおまじない

“お財布フリフリ”を心を籠めてしましたよ。

・・・このところささやかな金運アップは

お財布フリフリの効果かもしれませんから・・

お月さんの写真きれいに写せてるでしょ!!

実は、4月に新しいカメラを買ってもらいましたcamera

Img_029993

驚きの高倍率『光学50倍』『プログレッシブファインズーム100倍』の

宣伝文句につられて・・・

三脚を使わず、ど素人のわたしでも100倍ズームを使って

こんな満月が写せましたpaper

今まで使ってたソニーより

少し大きくて重いのですが

Img_029997

ええ感じです。

| | コメント (2)

2014年9月 5日 (金)

ちょっとついてます。

旅行2日目の朝のことです。

宿泊したホテルは“ホテルα-1会津若松”

チェーンのビジネスホテルです。

チェックアウトの時

スタッフの方に“くじ引きをどうぞ・・”と言われ

パソコンの画面をみながらマウスをクリック!

わけがわからぬまま画面を見ていると

な・ん・と

7の数字が3個並んで“一等賞”とでて

金券5,000円をいただいちゃいましたhappy01happy01happy01

ついてますねぇ~dollardollar うふっgood

そう言えば・・・

8月の中旬のことです。

イオンで“使った分0円にしちゃいます”と言う

キャンペーンがありました。

テレビのCMで知って期間中のレシートを持って

いざ抽選会へ・・dash

な・ん・と当選bell

使った分の10,800円がギフトカードで戻ってきましたdollar

ラッキーshine

いよいよ・ついに・このわたしに金運が・・dollar

さようなら貧乏神さんpaper・・と

喜んで神様、仏さまに感謝をしたのですが

         ・

         ・

でもねぇ~wobbly

所詮わたしの金運ってこの程度なんでしょうか??

         ・

         ・

いやいや、当たって文句を言うなんて

ばちがあたりますよね。

| | コメント (2)

2014年9月 3日 (水)

福島旅行・その1

すこし前に旅行を計画。

希望の北海道も山形も飛行機がとれなくて

福島へ行くことになりましたairplane

伊丹空港から福島空港までは約1時間。

到着して福島空港で借りたレンタカー“スズキのスイフト”。

今回の旅行の友です。
                                           

                                              
Img_103337
                                            

                                              
まず向かったのは“白河の関跡”
                                             

Img_0817
                                          

奥州三古関のひとつで

能因法師や西行法師、芭蕉などの

歌人のや俳人も訪れた地です。

                                              
Img_0818
                                            

                                             
古関蹟碑

Img_0820

奥の細道・白川の関の句碑(ここでは白川となっています)

奥の細道がちょっと好きなものですから

この句碑を見ただけで大満足です。

Img_0831

次に向かったのは“塔のへつり”

「へつり」とは、会津の方言で

川に迫った険しい断崖のことだそうです。

Img_0862

全長200メートルにわたって、大きな奇岩が勢ぞろい

Img_0855

                                           
長い年月、浸食と風化によってつくられた自然のみごとな造形美です。

Img_0847

橋を渡ると、小さな洞窟があって仏像が祀られています。

塔のへつりをでて車で20分

下野街道の宿場町“大内宿”へやってきました。

Img_0875

街道の両脇には茅葺屋根の建物が軒を連ね

とても風情があります。

Img_0881

福島のパワースポット・・の言葉に惹かれて“伊佐須美神社”へ。

Img_0887_2

変化の気を持つ磐梯山と

安定の気を持つ明神ヶ岳のあいだにあって

強いパワーと放ってるそうな・・!

なんだええことありそうな予感。

パワーをいっぱいもらって鶴ヶ城へ・・。

幕末の戊辰戦争の戦いの中心となったお城で

その後取り壊され、昭和40年に復元された天守閣。

Img_0902

中は博物館になっていて会津の歴史が学べます。

天守閣からのながめ。

Img_0899

今日のお泊まりは会津若松駅前のビジネスホテル。

駅前を散策し

Img_0911


Img_0915

駅前で見つけた

日帰り温泉“富士の湯”に入って

Img_0908

夕食は居酒屋へ・・

Img_0910

会津若松で北海道はどうよ・・と笑いつつ飲んで食べて。

天気予報ではバッチリ雨rainマークでしたが

雨にあうことなく

むしろ迷惑なくらい

いやいや有難いおてんとうさまに恵まれ一日目終了です。

| | コメント (2)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »