« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月22日 (日)

伝統と歴史のまち・堺

友人と3dayチケットを使って堺の街を散策してきました。

南海電鉄の堺駅をスタート・・

                                                
Dsc0394222

                                            
情熱の歌人“与謝野晶子”の生家跡

                                             
Dsc0394444

                                            
 「海こひし潮の遠鳴りかぞえつつ少女となりし父母の家」

生家跡にある歌碑。

                                               
Dsc0394666

                                              
千利休屋敷跡

椿の炭を底に沈めていたといわれる井戸と

利休ゆかりの大徳寺山門の古い部材で建てられた井戸屋形。

                                            
Dsc0394888

                                              
南宗寺

1557年に三好長慶が父の菩提を弔うために建立。

大阪夏の陣による焼失後再建。

                                             
Dsc0395555

唐門

                                              
Dsc0395666

千家一門の供養塔。

                                             
Dsc0396444

利休の茶の師匠『武野紹鷗』の墓。

Dsc0396555

枯山水の庭。

Dsc039688

利休ごのみの茶室“実相庵”

Dsc0397555

仏殿の天井には“八方睨みの龍”が描かれています。

大阪冬の陣のおり

徳川家康は後藤又兵衛に槍で突かれて命をなくし

この寺に祀られたという伝説のあるお寺です。

実際に家康のお墓がありました。

“げんき家”にてうどんの昼食。

Dsc039800

冷えた体が温まって元気になりました。

次に向かったのは堺市役所。

Dsc039833

階の展望ロビーから堺の街をウオッチング。

ほんに高い所が好きですから・・

展望ロビーからの眺めで

中央の異様に高いビルが“あべのハルカス”

Dsc0398777_2

緑のこんもりした所が“仁徳天皇陵”

Dsc039966

                                               
映画『利休にたずねよ』の映画セット『待庵』が

設置されていました。

Dsc0399000

映画のキャンペーンでしょうか・・

パネルも展示されています。

Dsc0398888

百舌鳥の古墳群を世界遺産に登録する取り組みを行ってると

ボランティアガイドさんが話してくださいました。

ほんと・・世界遺産になるといいですよね。

街を走るバスも歴史を感じさせてくれます。

Dsc0398444

しばらく歩いて妙國寺へ

ここでもボランティアガイドさんが詳しく

説明をしてくださいました。

・信長が所望した大蘇鉄の逸話。

・堺事件での土佐十一裂士切腹の地であること。

・本能寺の変の時

 堺を訪れていた徳川家康はこのお寺に宿泊していて

 
 命の危険を察し、急遽堺から脱出。

などなど興味深い話がたくさんあります。

詳しい説明は堺の観光ガイドで・・

http://www.sakai-tcb.or.jp/feature/08_4.html

Dsc0400111

本願寺堺別院

Dsc0400666

境内に与謝野晶子の歌碑があります。

Dsc0400777

鉄砲鍛冶屋敷

Dsc0401333

清学院

江戸後期から明治初期にかけて寺小屋が開かれていた寺院。

Dsc0401888

堺の駅でもらったまちあるきマップを持って

テクテク5時間半・・しっかり歩き

堺の歴史をほんの少しかじって

この後大阪城の3Dマッピングスーパーイルミネーションへ・・

帰って万歩計を見ると30,007歩 でした。                                                

| | コメント (2)

2013年12月18日 (水)

大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーションへ・・

今年も残りわずかになり慌ただしいことです。

やらなければいけないことはたくさんあるのに

いつものことながら重い腰はなかなかあがらず

一昨日、3dayチケットを使って遊び納めをしてきました。

映画『利休にたずねよ』で注目を浴びてる堺の町を散策し

キャッチフレーズ『大阪城・光の陣』

“秀吉なら・・これくらいドデカく輝かせるだろ”と話題の

大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーションへ

行ってきました。

堺編はまたの機会にして

『天下一の光の芸術祭』の様子を・・。

18時前、大阪城に到着。

                                               
Dsc0402777

入場料2,000円にちょっと驚いて西の丸庭園に入ると

そこは光の国。

Dsc0403333

                                              
Dsc0403666

                                             
                                               
Dsc0404555

                                             
Dsc0404777

                                                       
Dsc0405111

そして、大音響とともに

お城に立体映像が映しだされます。

光に浮かぶ大阪城

七変化の天守閣

なかなかの迫力です。

Dsc0405888

お城が太刀で真っ二つに切られたり

天守閣が炎上したり

虎や龍が出てきたりと                                              

10分間しっかり楽しませてくれます。

あちこちで感嘆の声があがっておりましたよ。

                                               
Dsc0407111                                             

                                              
Dsc0407666

クラシック音楽に合わせて光が点灯する

“ジュエルイルミネーション”などもありました。

                                               
Dsc0408000
                                                                                                                                                                                     
         
   
                                                                               
Dsc0407888

                                                          
こんな演出をみたら

秀吉さんも真っ青かもしれませんね(笑)

大阪城を後にして

神戸のルミナリエへも行ってきました。

消灯時間が迫っていたので

東公園だけ・・。

                                                 
Dsc0409777

                                                   
                                                                    
Dsc0409666
                           
                                                 
                                                 
今年のテーマは『光の記憶』です

阪神・淡路大震災の犠牲者の追悼と

まちの復興を願って始まった神戸ルミナリエも

今年で19回目になりました。

開催が危ぶまれているそうですが

ずっとずっと続けて欲しい。ものです

| | コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »