« 九州旅行・その3 | トップページ | きっくらせんきになりまして・・ »

2013年6月 8日 (土)

九州旅行・その4

旅の最終日。

ホテルの窓から見える唐津城。

                                                 
Dsc07166
                                           

9時過ぎにホテルを出発して唐津城へ向かいます。

                                                
Dsc07165
                                            

豊臣秀吉の家臣、寺沢広高によって

1602年から7年の歳月を費やして築城されました。

城を要にした砂浜が翼を拡げた鶴のように見えるので

別名「舞鶴城」とも呼ばれているそうです。

現在の城は、昭和41年に復元されたもの。

                                               
Img_0331

                                               
Img_0330
                                          

天守閣から見える虹の松原。

                                                
Img_0335
                                         

唐津湾の景色を眺めていると

観光客の方が嬉しい情報を・・・

唐津湾に浮かぶ小さな島“高島”に

宝くじがよく当たるという“宝当神社”があるそうなんです。

これが、その高島。
                                            
Img_0336
                                            

お参りした人の中から

高額当選者続出とか・・!

行きたい気持ちはやまやまですが

わたしには・・時間がない!

天守閣の上から失礼を承知でお願いをしました。

上から見下ろしてのお願い・・

神様ごめんなさ~いですが

今回のジャンボ、ちょっと期待していますdollardollar

次は唐津神社へ

唐津くんちはこの神社の秋の祭り・・

                                                
Img_0352_2
                                             

隣には“唐津くんち”の曳山展示場があり

14台の曳山が展示されています。
                                             

Img_0345_2
                                            

Img_0346_2
                                          

さてさて・・

これから最後の観光地“名護屋城跡”へ・・

ここも今回の旅の目的のひとつです。

名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮侵攻(文禄・慶長の役)のための

出兵拠点として築かれた城です。

1592年の開戦から全国の諸大名が終結し

城を中心に名だたる武将の陣屋が築かれていて

城跡や陣屋跡が国の特別史跡として指定されています。

月曜日だったので名護屋城博物館は休館日。

                                               
Img_0368
                                       

石垣などは、ほとんど昔のままの姿だそうですから

秀吉も家康も利家も、この石垣を見て

この土を踏んだのかと思うと

戦国時代好きとしては心が躍りますね。

                                                    
Img_0357

                                             
天守閣跡

ここから秀吉は朝鮮半島の方を見ていたそうです。

                                             
Img_0365

『秀吉が睨みし海の霞かな』

青木月斗さんの石碑がありました。

Img_0366                                               
                                           

本丸跡には“名護屋城跡”の石碑もあって

この文字は、あの東郷平八郎の筆によるもの。

                                               
Img_0367

                                               
大阪城に次ぐ広さの城だったようですが

秀吉の無謀な夢の跡地となりました。

                                              
Img_0362

                                              
城跡から見える呼子大橋。

                                              
Img_0361

                                            
昼食は呼子へ・・

いか・いか・いか・・が待っております。

                                              
Img_0373

                                             
Img_0381 

                                            
映画「悪人」のロケ地となりました・・の

看板に引かれて“いか本家”に入ることにしました。

                                             
Img_0380

                                             
わたしは“いか活造り定食”を注文。

透明な呼子のいか・・動いておりますよ。

まず“ゲソの踊り食い”をして・・

こりこりと歯ごたえがあって

甘味があってとても美味しかったです。

                                              
Dsc07180

                                              
いかしゅうまいや小鉢がいろいろついております。

                                             
Dsc07182222

                                             
F男さんは“刺身定食”

あじの活造り・鯛・イカなど種類も多くて

玄界灘の味を満足したようです。

                                             
Dsc07183

                                             
昼食の後は

伊万里・ハウステンボスの側を通って長崎空港へ・・

長崎空港に近づくと

自衛隊の基地があるのでヘリコプターがよく飛んでいます。

                                              
Img_0384  

                                             
展望デッキにある“鐘の塔”

長崎の鐘をモチーフにしたものだそうです。

                                               
Img_0389

                                              
宮崎・大分・佐賀と走りに走った旅行でしたが

思い出のあの地、感動のあの場所を

元気でまわることが出来ました。

        ・

        ・

        完                                        

|

« 九州旅行・その3 | トップページ | きっくらせんきになりまして・・ »

旅行・お出かけ・・」カテゴリの記事

コメント

くぅくぅの母さん、お早うございます。相変わらず、時間が違いますね。happy01
いゃぁー、それにしても凄い移動距離で、おまけに見られるところもしっかりと見られている、ツアーも良いですが、やはり、行きたいところに行くには、レンタカーですな。
今回の道路は3年前に西九州のツアーで通ったところだと思います。呼子、イカの看板見ただけで、弾丸の素通り。イカ好きの私には、何とも後ろ髪を引かれる旅でした。イカの姿造り、やはりこうでなければと思いますね。今回の放浪旅の目的は、夕陽ヶ浦のイカでした。しかし、イカは立派でしたが、出てきたら胴と足が刺身になっていて、皮膚?の色が変わるのが見られませんでした・・・。ゲソは塩焼きにしてもらってbeerが良いですね。
九州旅行、完ですか、ちと寂しい。

投稿: ブッチ | 2013年6月 9日 (日) 05時49分

九州旅行、私も楽しませていただきました。
ありがとうございました。
楽しかったです。
ひそかにずーっと拝見。
早く次をアップしてーと思いながら。

思い出の地めぐりだったのですね。
いいなあ。
宮崎から入って長崎へ抜けて。
伊丹ですか?
神戸ですか?


投稿: のっぱらひろし | 2013年6月 9日 (日) 09時46分

ブッチさんへ
早寝早起き・・よい子のブッチさん。
遅寝遅起き・・不良ばーさんのわたし。
でも、不整脈がでてからは
深夜族から足を洗いました(笑)

3日間で780キロを走ってましたcardash
本当は、宮崎と大分だけをまわると
ゆっくり観光できるのですが
つい欲張ってプチ弾丸トラベルになってしまいました。

呼子イカ・・美味しかったですよ。
ゲソをはさみで切って踊り食い
残りは、塩焼きかてんぷらにしてくれます。
わたしは、天ぷらを頼みました。
一杯いや何杯も飲みたかったですbeerbottle
F男さんに“飲みなさいよ”とすすめられたのですが
体調を考えて我慢しました。

投稿: くぅくぅの母 | 2013年6月 9日 (日) 16時22分

のっぱらひろしさんへ
コメント有難うございます。
2泊3日の旅行なのに
ブログアップに、長いことかかりましたわ(笑)

宮崎も大分も40数年ぶりで
宇佐神宮など、小学校の修学旅行以来でした。
どこも懐かしくて
それでいて、忘れてることも多くて
遠い遠い記憶をたぐりよせて楽しみました。

九州はいいですね。
食べるものが美味しい!
玄界灘のお魚を食べて育ちましたから
新鮮で活きのよい海のものをしっかり
お腹に入れて帰ってきました。

伊丹からairplane飛びました。
神戸空港の方が近いのですが
宮崎行きがなくて・・。

投稿: くぅくぅの母 | 2013年6月 9日 (日) 16時44分

くぅくぅの母さん、こんばんは~
唐津城は何度か行きましたが「舞鶴城」と呼ばれているなんて
初めて知りましたcoldsweats01
宝くじ当たるといいですねheart
唐津くんちは伝統のある素晴らしいお祭りです。

くぅくぅの母さん家の観光コース、我が家のコースによく似ていますが
私は歴史はちっとも詳しくないのでとても参考になります。
私は雰囲気だけ浸って博物館はいつもパスです。

呼子のいか
透き通ってますね~ おいしそう!!

ホントに2泊3日だった?と思わずブログさかのぼってしまいました。
2泊3日とは思えない濃い3日間でしたね~
レンタカーならではですね。

ご主人さま、ほとんど一人で運転ですか?
我が家も二人で出かけるときはほとんど夫の運転です。
感謝・感謝ですね。

宇佐神宮や真木大堂・富貴寺・耶馬溪・臼杵の石仏などなど
懐かしい場所をたくさん紹介してくださってありがとうございました。


投稿: chisayobaaba | 2013年6月 9日 (日) 23時05分

chisayobaabaさんへ
唐津城のパンフに
別名“舞鶴城”とありました。
福岡城も確か別名・舞鶴城って呼ばれてますよね。

宝くじ・・当たって欲しいけど
きちんと神社にお参りしてないので
ご利益はないかもしれませんね(笑)

唐津くんちをご覧になったことありますか?
神戸でも、必ずニュースで流れ
鯛の曳山がが映ります。
きっとすごい賑わいなのでしょうね。

観光コース似ていますか?
chisayobaabaさん宅も
美しい景色・史跡&神社仏閣などの
欲張りコースをしてしまうのですね。

本当に欲張りな充実した3日間でしたが
まだまだ行きたい場所があって
機会があれば
また九州へ行きたいなぁと思っています。
chisayobaabaさんが大分の方で
国東半島の素晴らしい場所を
ちょっと共有できて嬉しかったです。

投稿: くぅくぅの母 | 2013年6月10日 (月) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九州旅行・その3 | トップページ | きっくらせんきになりまして・・ »