« ゴッホ展へ・・ | トップページ | 九州旅行・その2 »

2013年5月25日 (土)

九州旅行・その1

先週の土曜日から2泊3日の九州旅行へ行ってきました。

7時10分発の便でairplane伊丹空港から宮崎空港へ・・。

座席につくとき、ふと後ろの座席を見ると

な・な・なんと西田敏行さんがおられました。

ふつうのおじさんでしたけど・・(笑)

ミーハーには、ちょっと嬉しい偶然でした。

宮崎空港でレンタカーを借りて(マツダのデミオ)

8時半、出発cardash

Dsc07109_2


国道の街路樹は大きな大きなヤシの木

まさしく南国ですねぇ~。


Img_0129_2


まずは青島神社へ向かいます。

周囲が1.5キロの小さな島・青島にその神社はあります。


Img_0143_2


霊地であるため

昔は一般の人は島に入れなかったそうで

この神社は、海幸彦・山幸彦の伝説の発祥地でもあります。
                                         

Img_0148_2


Img_0150


古代信仰の聖地と言われる元宮


Img_0156


ジャイアンツの選手が宮崎でキャンプを行う際

参拝に訪れるそうで

原監督や選手たちの絵馬がありました。
                                           

Img_0154


青島のまわりには“鬼の洗濯板”と言われる岩が並んでいます。

自然の造形は驚くほどきれいで雄大です。
                                                                                       

Img_0145

                                             
近くには“青島亜熱帯植物園”があって

南国独特の植物が楽しめます。
                                            

Img_0136

                                            
あちこちにソフトクリーム屋さんがあって

宮崎といえばマンゴでしょ・・と。

おいしゅうございました。
                                          

Dsc07119

                                        
日南海岸を走って鵜戸神宮へ・・
                                                                                                                          

Img_0166

                                         
40数年前に、青島神社やここ鵜戸神宮を

訪れたことがあります。

朱塗りの社殿・断崖・青い海・・

覚えています。

最近のことは、すぐに忘れてしまうのにね(笑)
                                                                                                                           

Img_0172

                                             
Img_0178

                                           
本殿の前の崖の下には亀の形をした岩(亀岩)があって

亀の背には小さなくぼみがあります。

男の人は左手で、女の人は右手で

運玉と呼ばれる玉をそのくぼみに投げ入れて

中に入ると願いが叶うと言われています。

みなさん投げてらっしゃいましたよ。

                                            
Img_017555

                                                  
本殿は洞窟の中というとても珍しい神社です。

神話にふさわしいロマンに満ちた風景です。
                                            

Img_017999
                                         

Img_0180                                           

                                             
参拝を終え、臼杵へ向かいます。

5月の初めに見たテレビ番組“旅サラダ”で

俳優の名高達郎さんが宮崎を旅行されていて

その時に立ち寄っていたお食事処“日南水産”

本日の昼食はここで・・

                                                     
Dsc07131

                                                    
伊勢海老・貝類が入った水槽がたくさん並んでいます。

いろんな魚介類を炭火で焼いて食べられるそうですが

時間の関係で、手っ取り早く食べられる海鮮丼を注文。

魚介類がたーんとのっかっていて

食べても食べても無くならなくて・・ほんと!

お得感いっぱいの海鮮丼でした。

                                          
Dsc07133

                                              
東九州自動車道がまだほとんど開通してなくて

国道を走るので時間のかかること・・

午後3時半、ようやく臼杵に到着です。

                                             
Img_0185

平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られた

日本を代表する石仏群で

ほとんどが国宝に指定されています。

                                             
Img_0186

                                            
Img_0191

                                                                                      
Img_0193

                                           
Img_0194

                                                                                
古園石仏は、臼杵石仏のなかでも

最も有名なもので

その昔、わたしがお参りした時は

落ちた頭の部分が台座の上に置かれていたのですが

修復前                                               
20101012210331cae

                                            
修復されて、元のお姿になっておられました。

どの仏さまも慈悲深く柔和なお顔をなさっておられます。

これほどの石仏がなぜ臼杵にあり

誰が刻んだものか、まだわかっていないそうです。

修復後                                             
Img_0198

                                             
Img_0199

                                              
Img_0201_2

                                              
朱印をいただきに満月寺へいったのですが

住職さんお留守で朱印をいただけず・・weep

満月寺の仁王像

たび重なる川の氾濫で下半身が埋まってしまったそうです。

                                             
Img_0205

                                             
次は、臼杵城。

1564年大友宗麟によって

臼杵湾に浮かぶ丹生島に築かれた城ですが

今は、埋め立てられて丘になっています。

                                              
Img_0211

                                             
Img_0217  

                                             
近くには、野上弥生子さんの生家がありましたが

すでに5時をまわっておりましたので

宿泊地の大分市へ・・。

ホテルは、レンブラントホテル大分。

                                            
Dsc07143
                                          

夕食は、ネットで調べて

大分駅近くにある居酒屋へ行くことにしました。

駅前の大友宗麟さんの像。

                                                                                       
Dsc07148

                                             
居酒屋“八條”

                                           
Img_0263                                               

                                            
ネットでの評判通り

新鮮で美味しい海のものがたくさんあります。

楽しみにしていた「関アジ」は予約のみとのこと・・

食べたかったなぁ~。

                                             
P016934366_368       

                                               
Img_0255

                                                     
Img_0261                                                                                     

                                            
しっかり食べて

ホテルへ帰っていきました。

       ・

       ・

       つづく                                           
                                               
                                        

|

« ゴッホ展へ・・ | トップページ | 九州旅行・その2 »

旅行・お出かけ・・」カテゴリの記事

コメント

海鮮三昧、ちと羨ましいsweat02
私、宮崎と鹿児島だけまだ行けていないのです。なかなかツアーもなかったりで・・・。でも、レンタカーという手がありますね。いやいや、マイカーで出掛けたりして。九州3年連続でしたので、今年は制覇するのはやめておこうと思っています。あっ、今年の春、ドライバーとして佐多岬からフェリーに乗って、湯布院と別府に行きました。
臼杵の大仏懐かしい。ちょうどリストラされたあとにお参りしましたところ、リストラ封じのお札があって、ギャグやなぁって思った記憶が蘇ってきました。
さてさて、この後はどちらへ行かれたのでしょうか。楽しみにしております。

投稿: ブッチ | 2013年5月26日 (日) 17時20分

ブッチさんへ
やっぱり九州は、海鮮ものが安くて美味しいです。
日南海岸には伊勢海老料理の店がたくさんあって
後ろ髪をひかれながら通り過ぎました。

レンタカープラン、なかなか便利ですよ。
いつも行き当たりばったりの旅をするので
しまった、しまった・・と言う事が多くて
今回も、やたら走りまわりましたcar
次回から、きちんと計画をたててから
飛行機や宿を予約しよう・・と反省しております。
湯布院へ行ったことがないので
泊まりたかったです。
ブッチさん行かれたのですね。
いいなぁ~!

投稿: くぅくぅの母 | 2013年5月26日 (日) 22時05分

行き当たりばったりの旅、私も大好きです。物語が出来ますものね。
義母が湯布院と別府は行ったことがなくて、カミさんが親孝行をしようと春休みに行くつもりで、昨秋頃から計画を練っておりましたが、湯布院黒川プランはあるのですが、別府がなくて、それこそレンタカーで行こうかなと案が出ました。しかし、カミさんの運転に心配がありますので、私の分の費用が出るなら、運転手として行ってあげようとなりました。淡路>>>四国>>>ship>>>湯布院>>>別府>>>ship>>>しまなみ海道というルートでした。
湯布院は山荘わらび野に泊まりまして、ここは半年前でも予約は高い部屋から埋っていましたので、湯布院だけは予約を入れられた方が良いと思いますよ。

投稿: ブッチ | 2013年5月27日 (月) 05時50分

くぅくぅの母さん、九州へようこそ
と言ってもお里がこちらなのでお馴染みですね。
西田敏行さん、どこにいても目立ちそうですね~
レンタカーだと行きたいところに行けていいですよね。
宮崎は30年ぐらい前に家族で行っただけですが
鬼の洗濯岩と亜熱帯植物園にあった埴輪をなぜかよく覚えています。

私は実家が大分なので臼杵はとても懐かしいです。
結婚する前は夫と結婚してからは子供たちも一緒に何度か訪れました。
修復前の写真の方が私の臼杵の石仏像です。
先日、英語クラスのお友達も臼杵に行って「大分はお魚がおいしい」と
絶賛していました。それにしても豪華な海鮮丼ですねsign01

居酒屋「八條」 大当たりでしたね。
とてもおいしそう。「関あじ」食べられなくて残念でしたね。
でもこれだけお魚があれば「関アジ」なくてもよさそうですよ。
お魚大好きな夫にこの写真見せたら「臼杵に行こう」って言いそうですconfident

つづきをたのしみに

投稿: chisayobaaba | 2013年5月28日 (火) 10時56分

ブッチさんへ
車での旅行は
荷物を好きなだけ詰め込めますし
行きたい場所へ行けるので
本当に便利ですよね。
でも、地図の読める
疲れ知らずの運転手さんが必要ですよね。
ブッチさん、親孝行旅のお手伝いをなさって
お義母さまも奥さまも喜ばれたことでしょうscissors

今、湯布院は人気の温泉地ですものね。
行く時は、計画をきちんとたてて
早めに予約を入れることにしますね。
いつか行けるといいなぁ~spa

投稿: くぅくぅの母 | 2013年5月28日 (火) 21時50分

chisayobaabaさんへ
むかーし、むかしに行った宮崎や大分。
覚えていること、思い出したことを
数えながらの懐かしい旅行でした。

宮崎と言えば埴輪ですよねpaper
亜熱帯植物園では気がつかなかったのですが
青島神社で可愛い埴輪が置いてありましたよ。

ご実家が大分ですかhappy01
温泉の恵みもうけて
自然や文化なども見どころいっぱいですよね。

わたしの記憶の中の臼杵も
自然の中にたたずむ自然のままの石仏群です。
国宝の指定を受けたからでしょうか
きれいなお堂の中に入り
きちんと修復された石仏
保護のために必要とは思いつつ
ちょっと味気なさを感じてしまいました。

関アジが食べられなくて
本当に残念でしたけど
魚介類がとっても美味しかったので
満足、満足ですfull

投稿: くぅくぅの母 | 2013年5月28日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴッホ展へ・・ | トップページ | 九州旅行・その2 »