« 神戸市立森林植物園 | トップページ | 良寛さんゆかりの寺・円通寺へ・・ »

2013年5月 1日 (水)

働いてきました。

GWの初日高梁へ・・・

草が待っておりますゆえsad

井原に住むおば宅のお墓が岡山市内にありまして

そこの掃除を我が家が請け負っておりますので

まずはお墓掃除・・・

お彼岸に行けなかったことの

お詫びを言いつつしっかり働きました。

三か所もあって広いんです。

ふぅ~!

          ・

          ・

岡山はまだ市電が少し走っていて

ヨーロッパ風のおしゃれな電車に出会いました。

                                                 
Dsc01458

                                             
これはふつーの電車。

                                                      
Dsc01459

                                             
高梁の家へ到着して

せっせと草取りに励みました。                                              
                                             
昨年の秋の悪夢

                                               
Dsc0112711_2   

                                              
二度と草屋敷にはしません・・と

3月と今回

除草剤の力を借りつつ頑張った成果は・・

                                               
Dsc01462_4

                                                
いやはや、疲労困憊です。

             ・

             ・

翌日は、井原のおばの家へ向かうことに・・

ちょっと道中の観光案内をしてみましょう!

くねくねの山道を下っていくと

成羽(なりわ)の町にでます。

安藤忠雄さん設計の高梁市成羽美術館

                                            
Dsc01472

                                                     
洋画家の児島虎次郎さんは

ここ成羽の出身ですから

この美術館は児島虎次郎さんの作品を

たくさん収蔵してるそうです。

                                              
Dsc01477

                                           
写真にとれませんでしたが

懐かしいボンネットバスが走って行きました。

高梁駅から吹屋ふるさと村まで走ってるそうです。

高梁市のHPから写真をちょっとお借りしました。

                                            
2946

                                              
成羽は備中神楽発祥の地ですから

橋の欄干にも大きな神楽人形があります。

ちなみに、この橋の名前は“かぐら橋”ですhappy01

                                               
Dsc01479

                                               
国道313号線を進んでいくと

山の中腹に何軒か家があり

この中に“木口小平”さんの生家があります。

                                               
Dsc0148000 

                                               
昔は看板が出てたのですが

もうなくなっていますね。

木口小平・・

そうあの『死んでもラッパを離しませんでした』の

逸話の主人公さんです。

こんな逸話を知っているのは

わたしたち世代で終わりかもしれませんね。

1時間ほどで井原市の芳井町に到着です。

今年も色鮮やかな鯉のぼりが

小田川の上を気持ちよさそうに泳いでいます。

                                              
Dsc01486

                                               
おばの家で

お墓掃除のご褒美!

                                              
Dsc01489

                                             
おいしゅうございました。

                                             

                                               
                                                                                              
                                                                             

|

« 神戸市立森林植物園 | トップページ | 良寛さんゆかりの寺・円通寺へ・・ »

旅行・お出かけ・・」カテゴリの記事

コメント

草との格闘、お疲れ様でした。でも、お天気が良くて良かったですね。高梁のお庭の写真を見ますと、まだ、尾花が残っていますね。こいつはちと手強いので、少し強めの除草剤がオススメです。それともいっそ家庭菜園にした方が・・・。と、他人事ですから、好きなように申しております。我が家の裏の畑も、今年はご近所様が口々に言われるほど、綺麗に耕作しました。ポチはちとお高いのですが、草を刈るよりは疲労度が少ないかと思いまして、一念発起。バアさまが植えられない量の畝をこしらえました。
ご褒美のランチ。美味しそう。でも、3箇所もお墓掃除をされたのですから、OKですよね。

投稿: ブッチ | 2013年5月 2日 (木) 10時43分

ブッチさんへ
あそこに・・家庭菜園ねぇ~!
タマネギやじゃがいもだったら
いいかもしれませんね。
その前に、まず残っている尾花を
何とかしないといけませんねhappy01

裏手に義母が野菜を作っていた畑があります。
いい土だったのですが
そこも荒れ地になっています。

ブッチさんは何を作られるのかしら?
楽しみですね。
ほとんど枝豆と落花生だったりして・・scissors

投稿: くぅくぅの母 | 2013年5月 3日 (金) 22時34分

くぅくぅの母さん、こんばんは☆☆
GWも終わりましたね~
おばさま宅の草取り、お疲れさまでした。
でも草取りの後って気持ちがいいですよね。
何度もなんども「あ~きれいになった」と見てしまいますよね。
おばさまもさぞ喜ばれたことでしょう。
何よりのお手伝いだと思います。

「死んでもラッパを離しませんでした」というのは聞いたことが
ありますが木口小平さんという方のお話だったのですね。
知りませんでした。

私が子供の頃、私の町にもこんなボンネットバスが走っていましたよ。

投稿: chisayobaaba | 2013年5月 9日 (木) 21時43分

chisayobaabaさんへ
返事が遅くなって申し訳ありません。
実家へ行ってたもので・・。

本当に草取りが終わると
惚れ惚れして見入ってしまいます。
でも一ヵ月後は
また大草でちょっと泣きたくなってしまいます。
庭もお墓もこれから草との闘いです。

“死んでもラッパを離しませんでした”の話
chisayobaabaさんもご存知だったのですね。
同じ世代ですものね・・scissors

ボンネットバス、懐かしいですよねbus
黒い鞄を首にかけた車掌さんが乗ってましたよね。


投稿: くぅくぅの母 | 2013年5月12日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸市立森林植物園 | トップページ | 良寛さんゆかりの寺・円通寺へ・・ »