« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

九州旅行・その1

先週の土曜日から2泊3日の九州旅行へ行ってきました。

7時10分発の便でairplane伊丹空港から宮崎空港へ・・。

座席につくとき、ふと後ろの座席を見ると

な・な・なんと西田敏行さんがおられました。

ふつうのおじさんでしたけど・・(笑)

ミーハーには、ちょっと嬉しい偶然でした。

宮崎空港でレンタカーを借りて(マツダのデミオ)

8時半、出発cardash

Dsc07109_2


国道の街路樹は大きな大きなヤシの木

まさしく南国ですねぇ~。


Img_0129_2


まずは青島神社へ向かいます。

周囲が1.5キロの小さな島・青島にその神社はあります。


Img_0143_2


霊地であるため

昔は一般の人は島に入れなかったそうで

この神社は、海幸彦・山幸彦の伝説の発祥地でもあります。
                                         

Img_0148_2


Img_0150


古代信仰の聖地と言われる元宮


Img_0156


ジャイアンツの選手が宮崎でキャンプを行う際

参拝に訪れるそうで

原監督や選手たちの絵馬がありました。
                                           

Img_0154


青島のまわりには“鬼の洗濯板”と言われる岩が並んでいます。

自然の造形は驚くほどきれいで雄大です。
                                                                                       

Img_0145

                                             
近くには“青島亜熱帯植物園”があって

南国独特の植物が楽しめます。
                                            

Img_0136

                                            
あちこちにソフトクリーム屋さんがあって

宮崎といえばマンゴでしょ・・と。

おいしゅうございました。
                                          

Dsc07119

                                        
日南海岸を走って鵜戸神宮へ・・
                                                                                                                          

Img_0166

                                         
40数年前に、青島神社やここ鵜戸神宮を

訪れたことがあります。

朱塗りの社殿・断崖・青い海・・

覚えています。

最近のことは、すぐに忘れてしまうのにね(笑)
                                                                                                                           

Img_0172

                                             
Img_0178

                                           
本殿の前の崖の下には亀の形をした岩(亀岩)があって

亀の背には小さなくぼみがあります。

男の人は左手で、女の人は右手で

運玉と呼ばれる玉をそのくぼみに投げ入れて

中に入ると願いが叶うと言われています。

みなさん投げてらっしゃいましたよ。

                                            
Img_017555

                                                  
本殿は洞窟の中というとても珍しい神社です。

神話にふさわしいロマンに満ちた風景です。
                                            

Img_017999
                                         

Img_0180                                           

                                             
参拝を終え、臼杵へ向かいます。

5月の初めに見たテレビ番組“旅サラダ”で

俳優の名高達郎さんが宮崎を旅行されていて

その時に立ち寄っていたお食事処“日南水産”

本日の昼食はここで・・

                                                     
Dsc07131

                                                    
伊勢海老・貝類が入った水槽がたくさん並んでいます。

いろんな魚介類を炭火で焼いて食べられるそうですが

時間の関係で、手っ取り早く食べられる海鮮丼を注文。

魚介類がたーんとのっかっていて

食べても食べても無くならなくて・・ほんと!

お得感いっぱいの海鮮丼でした。

                                          
Dsc07133

                                              
東九州自動車道がまだほとんど開通してなくて

国道を走るので時間のかかること・・

午後3時半、ようやく臼杵に到着です。

                                             
Img_0185

平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られた

日本を代表する石仏群で

ほとんどが国宝に指定されています。

                                             
Img_0186

                                            
Img_0191

                                                                                      
Img_0193

                                           
Img_0194

                                                                                
古園石仏は、臼杵石仏のなかでも

最も有名なもので

その昔、わたしがお参りした時は

落ちた頭の部分が台座の上に置かれていたのですが

修復前                                               
20101012210331cae

                                            
修復されて、元のお姿になっておられました。

どの仏さまも慈悲深く柔和なお顔をなさっておられます。

これほどの石仏がなぜ臼杵にあり

誰が刻んだものか、まだわかっていないそうです。

修復後                                             
Img_0198

                                             
Img_0199

                                              
Img_0201_2

                                              
朱印をいただきに満月寺へいったのですが

住職さんお留守で朱印をいただけず・・weep

満月寺の仁王像

たび重なる川の氾濫で下半身が埋まってしまったそうです。

                                             
Img_0205

                                             
次は、臼杵城。

1564年大友宗麟によって

臼杵湾に浮かぶ丹生島に築かれた城ですが

今は、埋め立てられて丘になっています。

                                              
Img_0211

                                             
Img_0217  

                                             
近くには、野上弥生子さんの生家がありましたが

すでに5時をまわっておりましたので

宿泊地の大分市へ・・。

ホテルは、レンブラントホテル大分。

                                            
Dsc07143
                                          

夕食は、ネットで調べて

大分駅近くにある居酒屋へ行くことにしました。

駅前の大友宗麟さんの像。

                                                                                       
Dsc07148

                                             
居酒屋“八條”

                                           
Img_0263                                               

                                            
ネットでの評判通り

新鮮で美味しい海のものがたくさんあります。

楽しみにしていた「関アジ」は予約のみとのこと・・

食べたかったなぁ~。

                                             
P016934366_368       

                                               
Img_0255

                                                     
Img_0261                                                                                     

                                            
しっかり食べて

ホテルへ帰っていきました。

       ・

       ・

       つづく                                           
                                               
                                        

| | コメント (6)

2013年5月17日 (金)

ゴッホ展へ・・

5月の上旬

京都に住む友人と京都市美術館で開催されている

“ゴッホ展”へ行ってきました。

                                              
Dsc0154111

                                               
ゴッホはたくさんの自画像を残していて

今回はそのうちの8点がやってきています。

ポスターにもなっている点描で描かれたこの自画像

鋭いまなざし、たくさんの色を塗り重ねた荒々しいタッチ

立ちすくむほどの迫力がありました。

                                             
Dsc0154000

                                            
52点の作品を見終え

京都を知り尽くしている友人の案内で

春の特別公開中の“得浄明院”へ・・

                                                     
Dsc0154222

                                          
このお寺は信州にある善光寺の別院で

関西の女性にも善光寺参りができるようにとの願いで

明治時代に創建されたそうです。

善光寺同様「お戒壇めぐり」もちゃんとあります。

本堂の階段を下りて真っ暗闇の中へ

目を開けているのに、全く何も見えません。

右手を壁にあて壁づたいに一歩一歩足を進めていくと

右手が鍵に・・・

鍵に触れるとご本尊さまとご縁が結ばれ

功徳を得ることができるそうですから

バッチリscissorsscissors

花の寺としても有名で

ちょうど、一初(イチハツ)と言うアヤメ科の花が

たくさん咲いていました。

                                              
Dsc0154888

                                               
Dsc0154999

                                              
いろいろとおしゃべりをしながら知恩院を抜け

歩いていると長楽寺が見えてきて

久し振りにお参りしようと言うことになりました。

                                               
Dsc0156000

                                              
ここは、平清盛の娘、建礼門院が出家されたお寺で

安徳天皇ゆかりの品などが展示されています。

                                                         
Dsc0156111

                                                 
長楽寺を出て、町並みを眺めながら散策です。

京情緒漂う石塀小路

                                            
Dsc0156888

                                           
Dsc0157000

                                              
Dsc0157111

                                                     
庭が見渡せる大きな窓のある

敷居の低そうなカフェタイプの店があって

ランチをすることにしました。

                                                         
Dsc015733333

                                               
素人っぽいおじさんがいらして

ど素人が作ったようなパスタがでてきて(笑)

あじゃ~wobbly

友人の家は桜の名所の平野神社の近くにあります。

以前、何度か泊めていただいて

祇園祭の宵山・山鉾巡行や五山の送り火など

案内していただきました。

龍安寺や妙心寺・仁和寺などの世界遺産が

彼女の朝の散歩コースです。

素敵ですよね~。

そんな思い出ばなしをしつつ歩きます。

二寧坂や産寧坂は修学旅行生や若い方でいっぱい

                                              
33

                                              
八坂の塔が見えるカフェで一服cafe

                                             
Dsc01581

                                            
Dsc0158555 

                                                         
Dsc0158888

                                           京都のことを、いつもいろいろと教えてもらって

ますます京都が好きになります。

宝くじが当たったら

京都に住もう・・と思ってるわたしです。

たくさんおしゃべりをして

ほんに楽しい一日でした。

                                            

                                                

| | コメント (2)

2013年5月14日 (火)

母の日

ちょっとバタバタしておりまして・・・。

         ・

         ・

日曜日は母の日

今年も、有難いことに

娘たちからプレゼントが・・

娘3号宅からは“リーガース ベゴニア”の鉢植えが。

今までは、可愛いフラワーアレンジメントでしたが

今年は鉢植えです。

次々と花をつけてくれるので長い間楽しめそうです。

鮮やかな色で、部屋が明るくなりました。

                                                
Dsc0168555

                                             
娘2号からは、夏用のストール。

どんな服にもあいそうで

わたしの好きなオレンジが入っていますscissors

                                               
Dsc0169777

                                            この時期、仕事三昧の娘1号からは電話が・・

仕事が落ち着いたらホテルステイのプレゼントですって・・。

楽しみです。

そして、後ろにちらり見えてる娘4号からは

TOPPERのスニーカーを・・。

そんな訳ないかcoldsweats01

娘4号・・無一文で~す。

これは自前!

やっぱり無難で地味な色を選んでしまいました。

今度は、カラフル色にしよーっと!

                                                         
Dsc0169999 

                                           
いつも思う事・・

娘たちが元気で幸せなことが一番のプレゼントです。

・・・と言いつつ

プレゼントpresentだーい好きな母ですから

これからもよろしくね(笑)

                                           

| | コメント (4)

2013年5月 4日 (土)

良寛さんゆかりの寺・円通寺へ・・

倉敷市玉島に

良寛さんが若かりし頃に修行をされたという

曹洞宗のお寺“円通寺”があります。

以前から行きたいと思っていたので

神戸へ帰る途中、ちょっと寄ってみました。                                            

                                               
Dsc01502

                                               
小高い丘一帯が円通寺公園                                              

その公園内に円通寺はあるようです。

坂道をどんどこ上って行くと

『大地に緑を 未来に夢を』の像

                                              
Dsc0150666

                                              
眼下の玉島港

今から830年前、ここで“水島の合戦”と言われる

源氏と平家の戦いが繰り広げられました。

源平合戦の中で、平家が勝ったただ一つの合戦なんです。

青い橋は“源平大橋”と呼ばれているそうです。

                                             
Dsc01507

                                              
山頂付近にある石の鳥居

                                               
Dsc01510

                                              
『童と良寛』の石像

こどもと手まりで遊ぶ楽しそうな良寛さん

手まりの音が聞こえてきそうです。

                                               
Dsc0151211 

                                             
良寛さんの有名な歌の歌碑

『霞立つ長き春日を 子供らと手毬つきつつ 

          この日暮らしつ』 

                                                                 
Dsc01513

                                            
良寛さんの漢詩を刻んだ石碑

『自来円通寺 ・・・』

                                                   
Dsc01514

                                              
萱葺屋根の円通寺の本堂と良寛堂

                                            
Dsc01517

                                         
本堂

                                             
Dsc01535

                                               本堂前の若き日の良寛さん托鉢像

                                             
Dsc01526

                                                    
良寛堂

                                              
Dsc0153333

                                               
小僧さんと干支

                                              
Dsc01527

                                                
Dsc01528

                                              
石庭
                                                                                      
                                           
Dsc01519 

                                                
Dsc01521

                                            
青銅露座地蔵菩薩坐像

                                          
Dsc01520                                                

本堂や良寛堂・良寛記念館は扉がしまっていて

中を見ることはできませんでした。

思っていたより、とても立派なお寺だったのでビックリ!

良寛さんの辞世の句とも言われている

『うらをみせ おもてをみせて ちるもみじ』の句碑

                                             
Dsc01537

                                              
他にもたくさんの歌碑がありました。

残念だったのは

山頭火の句碑

『岩のよろしきも良寛様の思い出』を見落としたこと!

急いでまわったので

今度はゆっくり・・・ 

また訪れたくなるお寺です。

            ・

            ・

Dsc01499

                                              
子どもの頃

F男さんは毎年、この玉島に潮干狩りに来ていたそうで

懐かしがっておりました。

                                                                                                                               

| | コメント (4)

2013年5月 1日 (水)

働いてきました。

GWの初日高梁へ・・・

草が待っておりますゆえsad

井原に住むおば宅のお墓が岡山市内にありまして

そこの掃除を我が家が請け負っておりますので

まずはお墓掃除・・・

お彼岸に行けなかったことの

お詫びを言いつつしっかり働きました。

三か所もあって広いんです。

ふぅ~!

          ・

          ・

岡山はまだ市電が少し走っていて

ヨーロッパ風のおしゃれな電車に出会いました。

                                                 
Dsc01458

                                             
これはふつーの電車。

                                                      
Dsc01459

                                             
高梁の家へ到着して

せっせと草取りに励みました。                                              
                                             
昨年の秋の悪夢

                                               
Dsc0112711_2   

                                              
二度と草屋敷にはしません・・と

3月と今回

除草剤の力を借りつつ頑張った成果は・・

                                               
Dsc01462_4

                                                
いやはや、疲労困憊です。

             ・

             ・

翌日は、井原のおばの家へ向かうことに・・

ちょっと道中の観光案内をしてみましょう!

くねくねの山道を下っていくと

成羽(なりわ)の町にでます。

安藤忠雄さん設計の高梁市成羽美術館

                                            
Dsc01472

                                                     
洋画家の児島虎次郎さんは

ここ成羽の出身ですから

この美術館は児島虎次郎さんの作品を

たくさん収蔵してるそうです。

                                              
Dsc01477

                                           
写真にとれませんでしたが

懐かしいボンネットバスが走って行きました。

高梁駅から吹屋ふるさと村まで走ってるそうです。

高梁市のHPから写真をちょっとお借りしました。

                                            
2946

                                              
成羽は備中神楽発祥の地ですから

橋の欄干にも大きな神楽人形があります。

ちなみに、この橋の名前は“かぐら橋”ですhappy01

                                               
Dsc01479

                                               
国道313号線を進んでいくと

山の中腹に何軒か家があり

この中に“木口小平”さんの生家があります。

                                               
Dsc0148000 

                                               
昔は看板が出てたのですが

もうなくなっていますね。

木口小平・・

そうあの『死んでもラッパを離しませんでした』の

逸話の主人公さんです。

こんな逸話を知っているのは

わたしたち世代で終わりかもしれませんね。

1時間ほどで井原市の芳井町に到着です。

今年も色鮮やかな鯉のぼりが

小田川の上を気持ちよさそうに泳いでいます。

                                              
Dsc01486

                                               
おばの家で

お墓掃除のご褒美!

                                              
Dsc01489

                                             
おいしゅうございました。

                                             

                                               
                                                                                              
                                                                             

| | コメント (4)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »