« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

道の駅

長距離ドライブで、いつもお世話になってる道の駅。

トイレ休憩はもとより

その土地の名所、旧跡情報をゲットし

特産物を食べたり、買ったり・・と利用させてもらってます。

その道の駅のスタンプラリーがあるそうな・・shine

最近、ブログフレンドになった方のコメントで知り

さっそく、きんき「道の駅」スタンプラリースタートキットを求めるべく

車で40分ほどの道の駅“淡河”へ

Dsc00060

ありました。ありましたsmile

Dsc00150

現在、近畿(兵庫・大阪・京都・滋賀・福井・奈良・和歌山)で99駅!

ちょっと、クラクラtyphoonしそうな数ですが・・sweat01

まぁ、ボチボチ楽しみながらまわることにしましょうhappy01

スタンプを押して、買い物・・

Dsc00094

レストランに“芋アイス”の張り紙があり

フフフ・・買っちゃいました。

シャーベットのような口当たりで

芋アイスですから当然ですが、思いっきり芋の味delicious

美味しかったですよ。

Dsc00085_2 Dsc00086

ここへ来ると、寄らなければならない所があります。

絶対に・・・

すぐ隣の満月堂“豊助饅頭”の店!

Dsc00064

昔ながらの田舎饅頭のようなもので

薄い皮の中は、上品なこしあんが入っていて

パクパク・・と2・3個は食べれる美味しいお饅頭ですdelicious

Dsc00096 Dsc00098

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

淡河の道の駅で買った “はなとうがらし”

火鉢の中に入れて飾ってます。

Dsc00146

くぅくぅの家 くぅくぅの家の入口

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

彼岸花

昨日は、お彼岸なので高梁の実家へ

途中立ち寄ったコンビニの前に

彼岸花がたくさん咲いていました。

Dsc00486

秋の彼岸になると必ず咲く花

それ故に彼岸花と呼ばれる曼珠沙華!

なんと正確な生物時計・・と感心させられます。

伯備線の側にちょっと刺激的な赤の集団が・・・

Dsc00485

家に着くと、植木屋さんが入ってくれていて

こざっぱりした庭になってました。

ここには、ひっそりと2輪の彼岸花が・・・・

Dsc00488

そう言えば、曼珠沙華のこんな歌がありましたっけ!

☆昭和の歌謡曲で、題名はわかりませんが・・・

 赤い花なら     曼珠沙華

 オランダ屋敷に  雨が降る

 濡れて泣いてる  じゃがたらお春・・・

 

☆もう一つは、北原白秋 作詞・山田耕筰 作曲

『曼珠沙華(ひがんばな)』

  ごんしゃん ごんしゃん 何処へ行く

 赤いお墓の曼珠沙華(ひがんばな)

 きょうも手折りに 来たわいな・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くぅくぅの家 くぅくぅの家の入口

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

宮沢賢治展

先週の金曜日のこと・・

「風の又三郎」や「銀河鉄道の夜」などの童話や

「雨ニモマケズ、風ニモマケズ・・」などの詩を

数多く残した 宮沢賢治の作品や遺品を紹介した

絵で読む 宮沢賢治展・・・賢治と絵本原画の世界が

神戸大丸のミュージアムで開催中なので

ふらりと行ってきました。

Dsc00053

宮沢賢治の有名な童話は、ほとんど読んだはずなのに

なーんにも覚えていないんです。

「風の又三郎」は、確か小学校の教科書にも載っていて

学校から、みんなで映画も見に行たはず

悲しいかな、主題歌の“どどぅど、どどぅど、・・・は吹き飛ばせ”と

なんとなく、物悲しい話だったことしか覚えておりませんshock

まぁ仕方ありませんよね。

うん十年も昔のことでから・・・

そんな言い訳をしつつ

宮沢賢治の世界に浸ってきました。

興味深かったのは、「雨ニモマケズ・・・」の

書かれた手帳が展示されていたこと!

闘病中にかかれ、亡くなったあとに発見されたとか・・。

これまでに出版された童話の挿絵原画なども紹介されていて

久々に読み返してみよう・・と思ってます。

くぅくぅの家 くぅくぅの家の入口

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »