« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

アルバイト!

今週の月曜日からアルバイトが始まりました。

1年間に45日勤務の契約アルバイトですから

今回は20日間働くことになります。

月曜日、3時頃から雪が降り始め

どうやら積もりそうな気配・・・・

4時になってますます雪がひどくなり

あたりの屋根は真っ白です。

まぁ、車は置いてバスで帰らねば・・と思っていると

車通勤の方は早く帰ってよい・・とのお達し。

アルバイトのわたしもですって・・ニヤリ!

早速、車をぶっ飛ばして帰って来ました。

そして今日、会社から連絡があって

なんと有給休暇が1日つくとのこと・・・

あら、嬉しや!

さてっと、いつ休もうかなぁ~。

仕事の暇な来週休もうか・・・

それとも、病気の時のために残しておこうか・・・考え中でーす。

| | コメント (4)

2008年1月30日 (水)

塩田八幡宮へ

Dsc06860_2
今年が後厄のわたし

厄払いはしっかり

しておかねば・・と

厄除けで有名な

塩田八幡宮へ

行ってきました。

                                                            
Dsc06861
厄除まつりの

次の日(1月20日)とあって

参道には出店がチラホラ。

それを横目で見つつ

まずは、お参りです。

参拝者もチラホラです。

                                                          
Dsc06862
今年になっても

あちこちの神社で

たくさんたくさん願い事を

してきました。それでも

まだまだあるんですよ。

願い事がたーくさーん。

                                                            

| | コメント (2)

2008年1月27日 (日)

友人と・・・

宝塚に住む友人とランチ&おしゃべりです。

Pict0127
いつも行列のできている

さんちかの“鎌倉パスタ”に

行列なし!

それならば・・と

ランチはここに決定。

梅肉とじゃこのパスタを注文。

                                                            
パスタ自体は美味しいのですが

ウムムム・・・・なにしろ味が濃い!

ワインなんぞを飲みながら・・・であれば良いのでしょうが

単品を頼んだので、味の濃さが目立ちました。

セールチェックを兼ねセンター街やデパートチェック

歩き疲れてお茶をすることに

Pict0129
さんちかに戻って

フィーヌ マザーリーフへ・・。

ここはモスバーガーの

モスフードの経営する店舗。

紅茶やジャム・蜂蜜などが

置いてあって

軽い食事とスイーツの楽しめるお店です。

                                                           

メニューの写真を見て一目惚れし

本当に久し振りに、パフェを食べることにしました。

甘酸っぱいフルーツに程よい甘さのアイスクリームが、疲れを癒してくれ

元気におしゃべりの続きができました。

| | コメント (4)

PAC演奏会へ

先週の土曜日(19日)に

兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の

第14回定期演奏会へ行ってきました。

定期会員券(9回通し券)を買っているので

席がちゃんと確保されています。

Pict0123

今回は「ドイツ音楽傑作選」と題して

前半がリヒャルト・シュトラウス:交響詩<ドン・ファン>と

交響詩<ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら>

後半はブラールス:交響曲第4番 ホ短調   を聴くことができました。

<ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら>は

「のだめカンタービレ」の中で登場して

より広く知られるようになったとか・・・

わたしの楽しみはブラームスの交響曲第4番

この曲は、音楽好きの娘1号に勧められて

CDで聴いたことがあるからです。

さて、開演・・・。

時にジャンプし、時に腰を振りつつ

ダイナミックでエネルギッシュな佐渡 裕さんの指揮で

メリハリのある演奏が楽しめました。

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

雪景色

Dsc06894
日曜日の夜から

降り始めた雪で

月曜日の朝は銀世界。

どうやら北区だけのようで

下界ではチラチラ程度の

雪だったようです。

                                                        
Dsc06893
メダカさんちも

氷が張っています。

外出予定のない

くぅくぅとわたしは

おうちで

仲良くゴロゴロ・・

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

F905i

Dsc06898_2
携帯を新しくしました。

“また?”・・と言われそうですが

確かにまたです。

でも、一年は経ちました 。

そして今度は

しばらく使いますよ。ハイー!

音楽重視で買ったSO903iですが

どうもメールなどの使い勝手があまりよろしくないわけで・・

まぁ、それも贅沢と言えば贅沢なんですが・・・

海外旅行のときに全ての国に対応してるわけでなく

昨年の旅行でもレンタルしましたし・・・

テレビは見れないし・・・と

ゴチャゴチャと買い替え理由を考えつつ

携帯オタクの誰かさんにそそのかされても

いまひとつ決め手がなくて思案中・思案中の文字が

頭のなかをまわっておりました。

ところがところがであります。

新プランでは基本料金が少し安くなる・・・と言うではありませんか

いやいや・・清水の舞台で立ち止まっていたわたしの

背中を押してくれる嬉しい一言であります。

思い立ったが吉日・・と言うわけで

早速三ノ宮へ・・・・

どの店でも“完売”“入荷未定”の文字です。

ホホホホ・・でも、わたくし穴場を知っていますのよ

三ノ宮のジョーシン

ありましたありました、好みの機種も色も・・

しばらく、このおもちゃで楽しめそうです。

ちなみに、携帯オタクさんは機種変更しませんでした。

だって、一年経ってないんですから・・。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

善通寺

Dsc06737
琴電の琴平駅の隣に

高さが27.6m.ある

高燈篭がありました。

慶応元年(1865年)に

建てられたもので

日本一の高さとか・・

Dsc06748
金刀比羅宮を後にし

善通寺へ向います。

JR土讃線で

琴平駅の隣が善通寺駅です。

ここはひっそりと

しています。

                                                            
Dsc06738
善通寺は

弘法大師空海の

御誕生所として

また、四国八十八ヶ所霊場の

七十五番の札所として

信仰を集めているお寺です。

                                                            
Dsc06740
善通寺の大楠・・と

呼ばれているこの楠の木は

弘法大師が誕生した

774年の頃から

あったそうで

樹齢1300年以上!

                                                          
Dsc06741
境内は広く

東院と西院に分かれていて

東院には金堂や五重塔など

西院には御影堂

護摩堂などがあります。

写真は金堂。

                                                            
Dsc06742
弘法大師が誕生した

邸宅地に建つ御影堂 。

この善通寺と言う

名前の由来は

空海の父“佐伯善通”から

採られたものらしい。

                                                            
Dsc06749
青春18切符の旅も

これで終了。

これからまた

トコトコ・・電車に揺られ

神戸駅へ向かいます。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

「金刀比羅宮 書院の美」へ・その2

Dsc06730_2
本宮から300段ほど

下ったところに

今回、公開されている

表書院・奥書院

白(椿)書院があります。

さぁこれから鑑賞タイムです。

                                                           

書院の写真や説明文は、パンフレットからいただきました。

表書院

金毘羅大権現の別当が来客を応接する場として用いた客殿。

普段はガラス越しにしか見られない、円山応挙の障壁画を

各部屋に入って鑑賞することができました。

円山応挙 七賢の間から山水の間、右に虎の間

K16_2

円山応挙 「遊虎図」水呑みの虎

K17_2

奥書院

江戸時代に建てられた、金刀比羅宮の前身である

金毘羅大権現の別当の邸宅で、通常は非公開だそうです。

1764年に伊藤若冲が4室に障壁画を描いたが

現在は上段の間の「花丸図」を残し

他の3室は岸岱の障壁画に替わっているそうです。

昨年、相国寺で開催された“若冲展”の

「釈迦三尊像」「動植綵絵」全33点の展示物

その時の感動がよみがえります。

伊藤若冲 「花丸図」

K18

K19

白(椿)書院

奥書院に隣接する1875年建造の建物に

美術家の田窪恭治さんが現在、襖と長押に

琴平山に自生するヤブツバキを題材にして障壁画を制作中。

田窪恭治 「椿書院障壁画」

K22

ひゃ~見ごたえのある書院です。

遠路はるばる着た甲斐がありました。

F男さんは、奥書院の若冲の絵をみながら

”落ち着かんなぁ!ここには住みとうない”と呟いておりました。

心配無用!

住みたくても住めませんから・・。

いつだったかNHKの番組で

田窪恭治さんの椿書院の障壁画制作の様子と

彼のデザインによる陶板大壁画がカフェに

飾られるもようが放映されていました。

今回行ってみると東京の「資生堂パーラー」がだしている

とてもおしゃれなカフェでした。

そう言えば、資生堂のマークは椿でしたよね。

大勢の人でしたから、ここでのティータイムは断念!

巨大な壁面の陶板画です。

Dsc06729

Dsc06734
資生堂パーラーでの

お茶のかわりは・・・

近くの茶店の甘酒。

まぁ、これがお似合いかも!

冷えた体に温かい甘酒

美味しかったです。

                                                                                                                              
青春18切符の旅は、まだまだ続きます。

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

「金刀比羅宮 書院の美」へ・その1

Dsc06828
三連休の中日

「金刀比羅宮 書院の美」

応挙・若冲・岸岱から

田窪まで・・を見るために

金刀比羅参りをしてきました。

この時期ですから

いつものように

青春18切符で

のんびりゆったりの

気ままな旅です。

Dsc06720
神戸駅発6時31分の

電車に乗って

えっちらおっちら

琴平駅に着いたのは

10時39分!

約4時間の鈍行列車の旅です。

Dsc06721
これから上がる

800段ちかい階段に備え

まずは腹ごしらえ・・・

やはりここに来たら

讃岐うどんでしょう・・と

“しょうゆうどん”を注文。

この“しょうゆうどん”ここの名物らしく

茹で上げたうどんに、しょうゆと好みの薬味などをかけて食べる

非常にシンプルなもの。

伊勢うどんのように真っ黒で濃厚なタしょうゆではなく

薄く出汁のきいたしょうゆをかけます。

麺にこしがあって、しょうゆだしも美味しかったですよ。

Dsc06722

さあ、元気がでたところで

785段の階段を上がり

本宮を目指します。

ようやく大門に到着・・

ここからが境内!

階段はまだまだ続きまっせ!

Dsc06723
見た目は立派なんですが

か弱い脚をいたわりつつ

何度か休憩をして

ようやく本宮に・・・

ここから見る景色は素敵です。

讃岐平野と讃岐富士。

Dsc06728
老若男女を問わず

大勢の人が参拝にいらしてます。

手を合わせ

おみくじを引き

チビ太の幸福を願って

幸福の黄色い御守を買いました。

Dsc06727
“モルツマーメイド号”を発見

あの堀江謙一さんが

単独で太平洋を

横断した時のパートナー!

ここは航海安全の神様

その関係で寄進されたとか・・

つづく!                                                       

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

初笑い

Pict0122

湊川にある兵庫公会堂で

年に5回“兵庫区民寄席”なるものが開催されています。

30年も前から・・・と言う年季の入った寄席で

わたくしも2年前から時々誘ってもらって

楽しい落語を聴きに行っております。

今回は30周年の特別公演・・ってことで

なかなか豪華な顔ぶれです。

出演者は・・と言いますと

 ・笑福亭 喬若     ・桂 つく枝     ・桂 春駒

 ・桂 ざこば       ・桂 雀々      ・林家 染丸の六名。
                     

1200円の前売り券も、すぐに完売だったようです。

元旦からすでに何度もバカ笑いはしておりますが

抱腹絶倒の初笑いをしてまいりました。

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

えべっさん

我が家の新春行事のひとつ“えべっさん”へ・・

Dsc06702

8時過ぎに阪神西宮駅でF男さんと待ち合わせです。

駅前がすっかり変わっていて

すでにここからお店が・・・

心が躍りますなぁ~!

                                                             
Dsc06704

これが表大門。

開門神事の福男選びでお馴染みの赤門であります。

この人・人・人・・・

ここにたどり着くまでもそりゃあ、大変でした。

                                                           
Dsc06706

ここ西宮神社は全国のえびす神社の総本社!

今夜は“本えびす”ですから

当然と言えば当然なんですが・・

入場制限つきで、こんな混雑は初めてです。

                                                            
Dsc06707

こうやって押し合いへし合いの中

お参りしてこそご利益もあるというもの!

福笹とえべっさんの酒を買うのが恒例!

そして、福をしっかりいただいて帰ってきました。

| | コメント (6)

2008年1月 6日 (日)

オペラ座の怪人

19世紀後半のパリオペラ座が舞台の

ミュージカル“オペラ座の怪人”に

娘1号夫妻と娘2号とで行ってきました。

オペラ座の地下に住み皆に恐れられている怪人と

怪人に歌の才能を見出された歌姫との

甘く切ないラブ・ストーリーです。

このミュージカルはフランスの作家ガストン・ルルーの

原作小説「オペラ座の怪人」にイギリスの

アンドリュー・ロイド・ウェバーが曲をつけたもので

世界で最も有名なミュージカルのひとつと言われています。

数年前には、ジェラルド・バトラー(ファントム)と

エミー・ロッサム(クリスティーヌ)

パトリック・ウィルソン(ラウル)で映画化されました。

舞台とは違った良さがあって

これもまた素晴らしくて、映画館に何度も足を運びました。

この舞台はこれで3回目になりますが

とにかく何度見ても“素晴らしい”の一言につきます。

なんと言っても現代のモーツァルトと言われている

アンドリュー・ロイド・ウェバーの名曲が素晴らしい!

オペラ座の怪人とエビータは大のお気に入りで

ほとんど毎日聴いています。

Dsc06701


娘1号が劇団四季の会員ですから

比較的良い席が確保できます。

今回も前から6列目で素晴らしい舞台に感動してきました。

今回のキャストもみなさん声量があって

素晴らしかったです。                                                           

オペラ座の怪人    佐野 正幸

クリスティーヌ     木村 花代

ラウル         北澤 裕輔

このラウルさん、小柄ですが歌声はなかなかのものなんですが

ちょっとムーディ勝山さんに似てらっしゃいました(ファンの方ごめんなさい)

見終わった後も、またすぐに見たくなるミュージカルです。

これが、パリのオペラ座です。

Pict0349

いつも外から見るだけ!

まだ、中に入ったことがありません。

Pict0420


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

吉兆へ・・

2日の日から高梁の別邸へ行き

帰るとすぐにチビ太ちゃんに会いに行き

来客もあったりと・・・・

なんだか新年からドタバタと忙しくしておりました。

そして本日、ようやく日常の生活が戻ってきたと言うわけです。

このドタバタした中に、ちょっとリッチなイベントもありました。

高級日本料理で有名な料亭のあの“吉兆”

いや、今は違ったことで有名になってしまった

あの“吉兆”へ行ってきました。

もっとも我々が足を運んだのは船場吉兆ではなく

元町にある神戸吉兆なんですが・・・

Dsc06686_2

新年ってことで

奮発しちゃえ・・・と特別会席料理を注文。

お正月ってこともあってか

店内はひっそりとしておりました。

まずはドカーンとこんなものが・・・

羽子板の上に種々の先付け。

奴凧の飾りがついてしっかりお 正月です。

Dsc06684

次々と運ばれてくるお料理。
                                                        

                              
                                                          
Dsc06687_3 Dsc06689_3

Dsc06691_3 Dsc06692

Dsc06693 Dsc06695

Dsc06696 Dsc06697

Dsc06698

これらがお料理でございます。

まぁ、目で味わってくださいまし!

この後お抹茶と花びら餅が出て終了です

いやいや、さすが吉兆さん美味しゅうございました。

| | コメント (2)

1月1日

Dsc06657_2
今年は“宝梅”の

おせちでお正月です。

このデパートおせちの

おかげで年末年始を

元気に過ごせております。

                               

Dsc06660
娘1号夫妻がシャンパンを

買ってきてくれ

おせちと手巻き寿司で

新年を祝うことにしました。

娘3号家族は城陽で

我が家では5人+1匹で

飲んで食べて笑ってWii Fit

賑やかな2日間でした。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

年賀状

1

“つれづれ・・”を見てくださってる皆さん

明けましておめでとうございます。

今年も、皆さんにとって良い年でありますように!

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »